比津なごみの郷 作業の進行状況  (平成24年4月)


町内のボランティアの皆さんの御協力の下、少しずつ「なごみの郷」を創り上げていきます。

 

〔作業の進行状況メニューに戻る〕


 

 ■平成24年4月21日(土)  集会所周辺を綺麗にしました(第2弾)!

◎1ヶ月前の整備作業の続きを行いました。
例 によって強力な粉砕機がこの日も大活躍です!

前回の反省から『耳栓』で騒音を遮断・・・のハズが効果はイマイチ。
10人余りの青年ボラティア隊(強調!)は
@竹木の伐採 A搬出 B集材 C粉砕
と連係プレーは見事です。
もち ろん安全監視係(ちょっと疲れたから休憩・・・)も重要なお役目です。

◎青竹が粉末状になって小山が出来ました。
『大量の竹がこれだけになるのはスゴイ!』と驚けば、
『竹の中は空洞』といたってクールな講釈をたれるのは加○さん。
自慢のチェンソーが切れ味抜群なことから竹林の奥へ奥へと入るのは○本さん。

明日は暴風雨との気象予報から10時、3時のお茶タイムは短めでした。
『お稲荷さん』『ワサビ漬け』『たけのこ』『カランマ』のごちそうには疲れた老体に活力がよみがえります。

◎近所の奥様が『桜があまりにも綺麗だったから絵を描いた』と弾んだ声で話されました。
自分が年を重ねたらこのような思いが浮かぶでしょうか・・・。
2週間遅れの開花ですが御衣黄(ギョイコウ)も咲きました。
緑色が特徴の花びらがやや白っぽく見えるのはナンデ?
桜も人間と同じで美人は薄化粧・・・?

竹林を明るくしたご褒美に『たけのこ掘り』をして持ち帰りました。
1時間以内に湯がくと特産地と変わらぬ味が楽しめると言います。

 



 

 

 

 

〔作業の進行状況メニューに戻る〕

 

《トップページへ戻る》

Copyright (C) 2007 比津 なごみの郷 実行委員会 All Rights Reserved.