比津なごやか青春会  



平成22年度までの比津なごやか青春会の活動はこちら

平成23年度の比津なごやか青春会の活動はこちら 

平成24年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

平成25年度の比津なごやか青春会の活動はこちら


平成29年5月22日(月) レクリエーションとお外で紅茶

◎ ゴールデンウイークあたりから毎日いいお天気が続いてくれるのは良いのですが、気温のほうが少し高めで、夏の到来も少し早めかな…と思われる今日この頃。

 さて、平成29年度最初の比津なごやか青春会は、「レクリエーションとガーデンパーティー」で緩やかにスタートです!

  まずは、「松江市民憲章かるた」でひと盛り上がり。
テーブルごとに3チームに分かれてもらって、チーム対抗のカルタ取りをやっ
てみました。
「一番早く札をとったチームにポイントが入る」というかるたです。(^^)/

◎ お次は「輪投げ」です。
輪が入った棒のところの数字がポイントになる上に、「一列に並んだら30ポイント」なんてルールの本格的なスポーツ輪投げなんですよ。(^^)v
これもカルタのチームで競い合っていただきました。

でも、輪投げって案外難しくて、皆さんなかなか入らない。。。
得点の計算用に電卓も用意していましたが、どうやら必要なかったみたいです。(^^;)

◎ さて、お次は「じゃんけんペタンコ」というゲームです。
これは、床に置いたじゃんけんプレートに向けて、「どら焼き」 みたいな手駒を「勝つように投げ入れる」というゲームなのですが、遠くのプレートほど得点が高かったり、相手チームの駒を弾き飛ばしたりという戦略も絡んできて、シンプルだけどなかなか奥深いゲームなのです。
皆さん真剣な表情で、白熱した試合を展開していましたよ

◎ そんなわけで、「松江市民憲章かるた」「輪投げ」「じゃんけんペタンコ」の三競技が終了して、得点の計算です!
なごやか青春会にちなんで、「なーさんチーム」「ごーさんチーム」「かーさんチーム」 として対戦していただきました。(3チームだったので「やーさんチーム」はありませんでした…笑)

結果、なーさんチームとごーさんチームが32点の同点!かーさんチームは28点と、なかなか白熱した接戦になっていたのでありました!

結局最後はじゃんけんで、なーさんチームの優勝となりました。

◎ 期待以上にゲームが盛り上がったあとは、集会所の外のベンチでガーデンティーパーティーです!
5月のさわやかな風を感じながら、おいしい紅茶と焼き菓子をいただいて、おしゃべりに花が咲きました。

今回は他の行事も重なっていたためか、参加者も若干少なめとなりましたが、29年度もこの調子で皆さんと楽しく過ごしていきたいと思っております。(*
^^*)

 

 

平成29年3月13日(月) 山形の民話とバイキング形式のお食事会

◎ 今年の冬は雪も多くて、まだまだ寒い日も続いていましたが、この日は朝からけっこう暖かくなり、高齢者の皆さんも大勢お出かけになってくれるかな・・・なんて期待が膨らみます。

早朝から法吉公民館の調理室で福祉推進員のみなさんが中心となってお料理の準備が始まりました。
今日は毎年恒例の「春の集い」として、バイキング形式のお食事会企画なのです!(^^)/

◎ さて、こちらは比津町集会所です。
10時前からいつもよりも大勢の皆さんが次々にいらっしゃいました。

今回は、お料理が出来上がるまでの間、ゲストの多勢久美子さん に民話をきかせていただきます。
多勢さんは、 山形で「語り部」として活動しておられた方ですが、最近島根が気に入って、八束町に移住してこられたそうなのです。

◎ 多勢さんは、「鶴の恩返し」「若返りの水」「お玉の桜」「空き家の観音様」「蛇の目に涙、母の目に涙」などなど、いろいろなタイプの民話を次々にお話ししてくださいました。
中には「艶ばなし」といって、大人のお色気話みたいな民話もあり、みなさん大笑いしながらとっても楽しい時間を過ごさせていただきました。
笑うことは何よりの健康法ですよね!

◎ 一時間ほど多勢さんのお話を楽しませていただいている間に、お料理の支度が整いました。
早速皆さんお皿を手に並んで、好きなものを好きなだけ盛り付けていきます。(^^)

この日のメインメニューはカレーとシチュー。
副菜として、ほうれん草の胡麻和えや菜の花のからし和え、酢の物などがありました。
そしてリンゴやイチゴなどのフルーツ。

◎ カレーとシチュー両方いっしょに戴くなんてのも贅沢ですよね。
最初は遠慮気味に盛り付けていた方も、結局あとでお代わりをされたりして、皆さんおなか一杯食べておられました!
カレーもシチューもとってもおいしかったです!(^o^)/

最後にはカレーとシチューのお鍋はほぼ空っぽになっていました(笑)。

◎ 楽しい民話を聞かせていただいた多勢さんも皆さんと一緒にお食事をしていただきました。
多勢さんのテーブルでは引き続き楽しいお話で大盛り上がりだったみたいです。

食事が一段落した頃に、比津町喜楽会の会長さんから入会案内のお知らせもありました。
また、最近比津町に引っ越して来られた方にも自己紹介していただいたりと、今回もとっても楽しいひと時を過ごすことができました。
◎ 今回の参加者は35名。
いつもよりも大勢だし、食事からの流れもあったので、そのままテーブルで記念撮影です。

平成28年度の比津なごやか青春会はこれで締めくくりですが、来年度もまた皆さんと楽しく過ごしたいと思います!
これからもますます比津町が盛り上がりますように!(^^)

 

 

平成28年11月27日(日) 毎年恒例!おいしい「手打ちそばの会」

◎ 『明日は雨』と決めつけ前日の夕方テントを張りました。
ブルーシートで囲われた臨時調理室はさながら避難所施設です。

両親に連れられた『小さなお母さん』はソバ粉をマゼマゼ。
今年で3年目のベテラン?もいます。
今日は地元産のソバで『水回し』(マゼマゼ)時には独特の香りが漂っていました。
高齢者の皆様に美味しく食べていただくために『小さなお母さん』の活躍は程々に・・・と思うも、難しいところです。(^^;)

◎ 腕前以上に口うるさい右側3人を意識しながら青シャツ君は『水回し』に集中。
が、水を入れるタイミングと『ダマ』の処理に悪戦苦闘。
で、『コーシテ、アーシテ』の助け舟。

この『絵』を見て思いました。
親子ほど違う年代が『美味いソバ作り』に集中する姿は素晴らしい。
新しい人を呼び込みながら、楽しくやれば若い人の参加も更に増えるはずと団塊の世代が今は頑張っています。

◎ 『ま○ちゃん』は小学1年生。
好奇心旺盛な女の子です。
ソバ打ち一連の作業をしたいと『切り』に挑戦。
大きな包丁と左手『コマ板』の扱いに見ているパパもヒヤヒヤ。
見かねて見本を示すと、驚くほどの習得力。
包丁を少し傾けて切り幅を決めるなど言わないのに、プロ(ですぞー)の所作を見逃さない1年生に仰天。
『スゴイ。将来はおソバ屋さん!』
試食タイムでソバを食べた3年生は『ウンメェー』と絶叫。

◎ 集会所に集まった人は約40人。
雨で高齢者の参加は10数人と少なめでしたが『打ちたて・湯がきたて』の『新ソバ』の味は皆さんの笑顔に現れていました。

『美味かった』の声に励まされ10年以上、皆様に新ソバを振る舞いましたが、若手職人も年を重ね高齢者グループに仲間入りで、『老々○○』と陰口が聞こえそうです。
福祉推進員のお方はソバ打ちのために多くの若手(強調)が朝早くから集まっていた事に驚いたと話されていました。
比津町が自慢できるところです。(^^)v





平成28年9月12日(月) 紙芝居「松江城物語」ほか

◎ 第84回目になる今回は、「大人向け紙芝居」という企画です。
お天気はあいにくの雨模様ですが、このなごやか青春会を毎回楽しみにしていてくださる皆さんが、次々とお見えになります。

まずは四方山話でひとしきり盛り上がります。(^^)

◎ 今回紙芝居を披露して下さるのは、「出雲かんべの里」の館長さん、錦織明さんです!

錦織さんはもともと小学校の先生で、以前は法吉小学校で教鞭をとっておられたこともあり、比津町の皆さんの中には「うちの息子がお世話になったのよ〜」なんて話も飛び出していました。

 出雲かんべの里 HP

◎ こんな風に、昔ながらの自転車の紙芝居屋さんスタイルで、本格的な紙芝居を披露してくださいました。

ちなみに、自転車は貴重な本物の昔の自転車を苦労して手に入れられたそうで、紙芝居のボックスはご本人が子供の頃に使っていた机を改造して作られたそうです。
「紙しばい屋」の幟は、教員時代に生徒さんが作ってくれたものをずっと使っているそうです。(*^^*)/

◎ 最初の演目は「TUNAMI」。
昔小学校の教科書にも載っていた津波のお話です。

二番目の演目は「松江城ものがたり〜忠氏の悲劇」。
松江城築城にまつわる親子の物語でした。

さすが!元先生というだけあって、お話がとってもお上手なので、みんなグイグイと紙しばいの世界に引き込まれていきます。

◎ ここらでちょっと一服。
今回はいつもよりも少しだけ高級なお菓子を用意してもらいました。
たまには良いですよね。(^^;)

◎ さて、本来は2本の紙しばいをお願いしていましたが、とっても盛り上がってきたので最後に特別にもう一本披露していただきました!

「栗原屋のそばを食べたきつね」というお話でした。

栗原屋というのがどこにあったのかというのも、地図で説明していただいたりもしました。
◎ 最後に皆さん一緒に記念撮影です。

今回も楽しいひと時を過ごすことができました。

今年は松江市の福祉バスの予約ができなかったので、秋恒例のバス旅行ができないのが残念ですが、次回は「手打ちそばの会」なのでお楽しみに!(^o^)/

 

 

平成28年8月8日(月) 子供たちと一緒に七夕まつり

◎ 今年の夏は特に暑く感じます。
この日も朝からかなり気温が上昇したせいか、いつもよりも参加者の皆さんが少な目な感じ。。。
でも、町内の子供たちも集まってくれたので、第83回目の比津なごやか青春会、楽しくスタートです!

◎ 毎年この時期には恒例の七夕会。
出雲地方は節句を月遅れで祝う風習があるので、8月8日もまだまだ七夕さん(一日遅れですが・・・)。
近くのホームセンターやダ○ソーなんかにも、七夕グッズがこの時期まで販売されていたりします。(^^)v

◎ さて、七夕といえば「こより」ですが、これを上手に撚ることができる方は本当に少なくなってきています。
若い世代は全然上手に撚ることができません・・・。
大先輩がやれは、ほら、こんな風にしっかりとした「こより」
が出来上がります。
さすがですね!(*^^*)

◎ そしてだんだん七夕飾りが出来上がってきました。
「リオオリンピック金メダル!」とか「サマージャンボ7億円」とか、思い思いに短冊に願いを込めて飾っていきます(笑)。

この七夕飾りは、8月13日に開催される「比津町夏まつり」の会場に飾りたいと思います。

◎ さて、一通り七夕飾りが出来上がったので、みんなでスイカを頂きました。
今年はスイカの出来があまり良くないのか、値段が例年の倍ぐらいしていましたが、雨があまり降らなかったこともあってか、この日準備したおっきなおっきなスイカはとっても甘くて最高でした!

◎ 最後ににみんなで記念写真です。
今回も楽しい七夕会になりました。
まだまだ暑い日が続きますが、熱中症には気をつけましょうね。

次回は、9月12日(月)にかんべの里の館長さんを招いて、「大人向けの紙芝居」などを楽しむ予定です!
お楽しみに!(^o^)/

 

平成28年5月23日(月) レクリエーション&ガーデンパーティー

◎ 平成28年度最初の比津なごやか青春会は「レクリエーション&ガーデンパーティー」と銘打って(笑)、比津なごみの郷にある比津町集会所で開催しました!(^^)/

ここ数日、とってもいいお天気が続いており、この日も暑い位の日差しです。
開始時間は午前10時なのですが、30分ぐらい前から続々と参加者の皆さんがいらっしゃいました。
まずはお茶を飲みながらよもやま話がスタートです。

◎ 今回で通算82回目を数える比津なごやか青春会ですが、第3回目あたりにこのゲームをやって盛り上がり、その時の写真が新聞記事にもなったという「傘玉入れ」です。

スタートしてから新聞紙を丸めて玉を作り、逆さにした傘めがけて投げてもらいます。

一分間で競いましたが、最初は僅差で鶴さんチームの勝ち!

◎ あんまり盛り上がったので、二回戦をやることに(笑)。

玉になった新聞紙を全部広げて準備完了。
新聞紙のインクで、皆さんの手は真っ黒になってました?!

二回戦目は、一度丸めた新聞紙が丸めやすかったこともあってか、一分経たないうちに玉切れに・・・。(^^;)
今度は僅差で亀さんチームの勝ちだったので引き分け。

◎ さて、お次は「ペットボトル・メンボー」です!

500mlのペットボトルに綿棒が100本ほど入っていて、それをリレー形式で「全部出す役」と「全部入れる役」を交互につないでもらって、早さを競ってもらいました。

これが一見簡単そうだけど案外難しくて、皆さん苦戦していました。
慌てるとなかなか出てこないわ零れるわで、結局、落ち着いてやった方のほうが早かったですね。(^^)v

◎ 次は、先ほど使った新聞紙と綿棒を使って「ドーナッツ・リレー」です。

新聞紙で作ったドーナッツを5個用意して、手に持った綿棒を使って次々に隣の人に送っていきます。

これもチーム対抗で早さを競ったのですが、あまりにも簡単すぎて、両チームともあっという間に終了!
ほんとは綿棒を口にくわえてやってもらったほうが盛り上がったかもしれませんね・・・(*^^*)

◎ レクリエーションの最後に「ビンゴ」を楽しみました。

ビンゴの数字の選択は、器械を使うのではなく、数字を書いた紙をくじ引き方式で皆さんに順番に引いてもらうやり方でやってみました。
昔懐かしの「あてくじ」みたいな感覚も楽しめて、案外盛り上がりました。

上位5名にはもちろんステキな商品が・・・。
◎ 後半は「ガーデン・ティー・パーティー」として、比津なごみの郷のベンチで紅茶と洋菓子をいただきながら、楽しくおしゃべり。

5月の爽やかな風の中で、ちょっと上等な紅茶をいただくのはなかなかの贅沢でした。


次回の比津なごやか青春会は、8月8日に町内の子供たちと一緒に「七夕会」の予定です!(^^)/

 

 

平成28年3月14日(月) 「春のつどい」でお食事会!

◎ 平成27年度を締めくくる今回の比津なごやか青春会は、「春のつどい」として、バイキング形式のお食事会を楽しみたいと思います。

早朝から法吉公民館の調理室で福祉推進員の皆さんが中心となって、お料理の支度が始まりました。(^^)/

◎ さて、こちらは会場の比津町集会所です。今回は毎年人気のお食事会ということもあってか、参加者の皆さんがいつもよりちょっぴり多いかな?

まずはお茶を飲みながら、よもやま話に花を咲かせます。

◎ 30分ほど雑談会を楽しんだ後は、比津町有志によるステキな演芸タイムです。

早朝から料理の支度をしてくださっていた福祉推進員のお二人が、着物に着替えて新舞踊を披露してくださいました。(*^^*)/

◎ さて、お次は銭太鼓の演技です。
息のぴったり合った見事な手さばきに、一同大拍手でした!

◎ さて、「そろそろおなかも空いてきたな〜」という時間になってきたところで、食事会の準備です。
今日のメインは「ちらし寿司」。
他にもお吸い物や赤飯のおにぎり、菜の花のお浸しにフルーツなどなど、春らしいお料理が並びます。

◎ 参加していただいた高齢者の皆さんに、バイキング形式でお料理を取ってもらいます。
「私、最近あんまりたくさん食べられなくてね〜」なんて方もあれば、「私、これ大好き!たくさんもらってもいいかいね〜?」なんて具合に、賑やかにお料理を選んでいただきました。(^^)
◎ 皆さんの支度が整ったところで、「いただきま〜す!」。
とっても美味しいお料理だったので、おかわりしてたくさん食べた方もいらっしゃいましたよ。
「普段はこんなにたくさん食べれんけど、大勢で一緒に食べると不思議とたくさん食べれーわ!(笑)」なんて盛り上がったお食事会になりました。

最後に恒例の記念撮影です!
今回は29名の参加者で楽しいひと時を過ごすことができました。(*^^*)v

次回は5月の連休明けあたりの開催になると思います。
お楽しみに!!!

 

 

平成27年11月2日(月)三瓶山へバス旅行!

◎ 第79回目になる比津なごやか青春会は、年に一度のお楽しみ「秋のバス旅行」です!(^o^)/

今回の行き先は「三瓶山と島根ワイナリー」です。
朝からあいにくの空模様でしたが、32名の参加者で元気に比津町を出発!

まずは最初の休憩地点「さくらの里きすき」でトイレ休憩&お買い物。
早速安くて新鮮な野菜をたくさん買い込んでいらっしゃる方もありましたよ。

◎ 比津町を出発してから約2時間。
三瓶自然館サヒメルへ到着しました。

途中、予定外のトンネル工事で迂回路を回ったため、予定よりも15分遅くなってしまいました・・・。
ここでは当初45分程度の見学を予定していたのですが、30分ほどの滞在になってしまい、ゆっくり見学できなかったのが残念。(^^;)

◎ ここサヒメルの一番の目玉が「三瓶埋没林」。
時間もあまり無いので、コンパニオンのお姉さんに案内してもらいながら、皆さん一緒に縄文時代の巨木の実物標本を見学させてもらいました。(^^)

◎ これが三瓶火山の噴火で埋もれた4000年前の巨木林です。
スギが中心で、長大な幹が残存していることが特徴だそうです。
大きなものは根元の直径が3m、幹高10mを超えます。
太古の自然環境を伝える存在として貴重で、国の天然記念物に指定されているそうです。

◎ さて、足早にサヒメルの見学を済ませて、お次の目的地「国民宿舎さんべ荘」に到着しました。

ここで昼食をいただきながら、食事を早めに済ませて温泉入浴を楽しむ方、お酒を楽しみながらのんびりと食事をする方などなど、それぞれ思い思いに過ごしていただきました。(*^^*)

◎ さんべ荘で頂いた食事はこんな感じ。
お刺身や根菜の煮物、出雲そばとはまた違った「三瓶そば」や茶碗蒸しなどなど、とっても美味しくいただきました。(^o^)v
◎ さて、三瓶から次の目的地「島根ワイナリー」に向かう途中、バスの運転手さんのはからいで「立久恵峡」を通っていただきました。
立久恵峡の紅葉はまだまだこれからという感じでしたが、バスの車窓からなかなかの絶景を観る事が出来ました。

島根ワイナリーでの滞在時間も予定より若干短くなってしまいましたが、ここではやっぱりお約束のワインの試飲やお買い物。
しまねワインの入ったソフトクリームやコロッケを食べるなどして、みなさん楽しんでおられました。 (^^)

今回のバス旅行はずっと雨が降ったり止んだりして、お天気が今ひとつだったのが残念ですが、比津町に帰って来る頃にはやっと良いお天気になってくれました。
大きなトラブルも無く、とっても楽しいバス旅行でした。(^^)

毎年こうして皆さんとバス旅行をするのを楽しみにしておられる方がたくさん参加してくださるので、来年も楽しい旅行企画を立てたいと思います。

さて、次回は「手打ちそばの会」で美味しいお蕎麦をいただく予定です。お楽しみに!!!

 

 

平成27年8月10日(月) 子供たちと一緒に七夕会

◎ 第78回目になる比津なごやか青春会は、夏の恒例行事「七夕会」です!
夏休み中の小学生たちと一緒に、昔ながらの七夕飾りを作って楽しみます。

今回は、開催日が小学生のラジオ体操がとっくに終了してからだったので、例年よりも子どもたちの参加が若干少なめです。。。 (^^;)

◎ お菓子をつまみながら、思い思いに七夕飾りを作っていきます。

ひたすらコヨリを作る方、短冊に達筆な願い事をスラスラ書き上げる方、包装紙を細かくチョキチョキしてなんだかすごい物を作る方、折り紙を上手に切り貼りして工作する子どもたち・・・、みんなでおしゃべりを楽しみながら楽しく作業を進めていきます。

◎ 出来上がった短冊や飾りを二本の笹に次々と結び付けていって、次第に賑やかな七夕飾りが完成していきました。

この七夕飾りは、お盆に開催される「比津町夏祭り」の会場にも飾ってもらおうと思っています。(^^)v

◎ ある程度七夕飾りが出来上がったところで、お楽しみのアトラクション。
IさんとMさんが銭太鼓を披露してくださいました!

衣装も本格的で、バッチリと息の合った演技を魅せてくれましたよ!(*^^*)/

◎ さらに、Mさんが一人で演技。
高度なテクニックで、2曲を披露してくださいました!
一同、拍手喝采!!

◎ さて、七夕会恒例の締めくくりは、スイカ!!
よく冷えた大きなスイカをみんなでたくさん食べました。

◎ ちなみに、今回は秋田産のスイカでした。
ずいぶん安く売っていた割にはとっても甘くて、超大当たりのスイカでした。(^^)v

皆さんスイカを食べ終わって、そのままテーブルで記念撮影です。
暑い中の参加、ありがとうございました!

次回は9月末辺りに開催予定(内容未定)です。

ちなみにその次は11月2日に恒例のバス旅行を企画中!

皆さんお楽しみに〜!(^^)/

 

 

平成27年5月18日(月) カラコロ太極拳体操の体験

◎ 今年も比津なごみの郷にはたくさんの鯉のぼりが泳いでいます。町内の方々にお願いして寄贈していただいた鯉のぼりの数が増えて、昨年よりも賑やかになりました。

さて、今回の比津なごやか青春会は「カラコロ太極拳体操」を皆さんと一緒に体験してみたいと思います。(^^)/

◎ 松江市が推進する「カラコロ太極拳体操」は、カラダとココロにやさしい体操として、高齢者の健康づくりのために広められています。

今回は法吉地区の指導員3名にお越しいただいてご指導願います。
この日は比津集会所のテーブルも全部片付けて、広々した空間で体操にチャレンジ!

◎ まずは、一つ一つの動作を教えていただきながら、ゆっくりと体を動かしていきます。
太極拳が基本になっているので、「気を流すような感覚でゆったりと・・・」という事を何度も言われました。
ゆったりと呼吸に合わせて体を動かすのはとっても気持ちの良い体験です。(^^)

◎ 足腰の弱い方でも、椅子に座ったままできるバージョンもあるので、無理のない範囲でゆったりとカラコロ太極拳体操を体験していただきました。

でも、今回は「太極拳」なんてネーミングのせいか、遠慮して参加されなかった高齢者の方も多かったようですね。。。
それほど激しい体操ではないのですが、拳法のようなイメージがあるのでしょうか?(^^;)

◎ 最後に音楽に合わせて、カラコロ太極拳体操を通しでやりました。
音楽にあわせると、全体の流れでなんとなくできるようになってくるから不思議です(笑)。

後半は次第に動きが太極拳らしいポーズになってきて、なんだかカッコいいですよね。(*^^*)v

体操の後は気軽にできる「ツボたたき」なども指導していただきましたが、「これならテレビを観ながらいつでもできそうだわ〜」と、カラコロ体操本編よりも評判が良さそうでした。

◎ 気持ちよく体を動かした後は、外のテーブルで紅茶とお菓子を楽しみながら、いつもの四方山話。

なんだかんだ言っても、やっぱりこのひと時が一番盛り上がるようです。
5月の爽やかな風に揺れる鯉のぼりを見ながら、ひとしきり話しに花が咲きます。
◎ 今回のおやつは紅茶に洋菓子。
この写真はアップルパイですが、他にもバームクーヘンやチーズケーキ、フルーツケーキなどなどたくさん用意したので、各自お好きなものを選んでいただきました。

比津町に居ながら、気分はパリのオープンカフェか? (^o^)

◎ 最後は流れ解散的に何人かの方は帰ってしまわれましたが、最後まで残ってお話を楽しんだ皆さんで記念撮影。

今回は参加された方が少なくてチョッピリ残念でしたが、楽しいひと時を過ごす事ができました。(^^)/

次回は7月の後半あたりに夏休みの子供達と一緒に七夕会を楽しむ予定です。(*^^*)

 

 

平成27年3月15日(日) 「春のつどい」でお食事会!

◎ 事前協議は民生児童委員2名、福祉推進員8名と会長の合計11名が入念に行いました。
プログラムは@大正琴Aネパール山歩きの話。
天気も心配ないことから多数の参加者が見込まれ、皆で昼食を摂ることに決定。
目の前で『お好み焼き』を作れば参加者の喜びも高まろうと、工夫を凝らします。
これに赤飯・豆ご飯・しじみ汁・酢の物・果実3種等のメニューを揃え、参加費は200円としました。

◎ 嬉しいことに最近、新しい顔ぶれが増えました。
常連さんはもちろんのこと近年まで地域のために活躍されていたお方が参加され始めたのです。
年齢を重ねられても皆さんオシャレをされ、気合が入っての出席ですから、サポーターにも程よい緊張感が漂います。
とは言ってもお互い気心の知れたもの同士、なごやかな話に花が咲きます。(*^^*)

大正琴の演奏には町内から3人の奥さんも参加。
『私は後列で・・・』と遠慮気味に話されたのに、本番になれば鮮やかな『指さばき』はお見事。
ネパールトレッキングは映し出された異国の景色や山岳地の生活の一旦がかいま見られ、皆さんの興味を引いたようでした。

◎ いよいよお食事タイム。バイキング方式で皆さんの取り皿には好きなものが並びました。

人気ランキング。
@赤飯・豆ご飯 Aしじみ汁 Bお好み焼き Cイチゴ Dリンゴ・オレンジ E高菜 F漬物 G酢の物。
今でも酢の物が苦手な者として同類がいることに一安心。

◎ 熱々の『お好み焼き』は好評でした。(^^)/

『お好み焼き』は子どもが食べるものと勘違いしていたお父さんが二枚、三枚と口に運ぶ姿も見ました。
参加者の中には一人暮らしのお方もいらっしゃるので、大勢で食べる今日のご馳走は大満足だったことでしょう。

◎ 一年間お世話になった『自治会長』の奥様から『手作りクッキー』をプレゼントしていただきました。
原料表示の心配り・ラッピング・容器を見て感じました。

うちの○○は@一手間かける気がないA面倒なことは考えもしないB腹に収まれば変わらないと考えるC容器は食べれないからなんでもよい・・・
これ以上書くと明日から『コンビニ食』となりそうです。(^^;)

◎ 両端のお方が隠れてしまうほどの参加者数。
早めに帰宅されたお方もあったので45名程度ではと思われます。

子ども会の約100名は法吉公民館で『6年生を送る会』を開いていると聞きました。
高齢者・年少者がそれぞれの立場で地域活動に取り組んでいることから、団塊世代の一員として10年後の不安解消に役立つ働きをしたいと強く感じました。

◎ 12年間、福祉推進員を務めた『比津のモモエちゃん』が実質、今日で役目を終えられました。
と言うことでサプライズの『卒業式』を行いました。
この、高齢者いきがい事業『なごやか青春会』を立ち上げられた○沢さんから花束の贈呈と感謝の言葉を送っていただきました。
『モモエちゃん』を育てた人達から続くお役の継承は、比津町の大きな財産です。
長い間、お世話なりましたと参加者全員で感謝の『拍手』を送りました。

 

 

平成26年11月30日(日) 毎年恒例の「そば打ちの会」

◎ 気がかりな天気でしたが予報を信頼しテントなしで調理場の設営です。
最近購入したガスコンロも出番を待っているようです。
玄関先の植え込みには○○さんが、朝早くから『葉牡丹』を植えてくれ、少し早い正月気分を味わいました。

町内でそば打ちを始めたのが13年前。
5〜6人の『にわかソバ職人』から輪が広がり、今では20人近くが自分の得意部門(コネ、延ばし、切る、茹でる、講釈?)で活躍します。

◎ 大勢の目が注がれる中、作業するのには相当の勇気が必要です。
ベテランと自負する面々は遠巻きで見つめ、やむなく犠牲となるのはいつも若手。
それでも『○回目にしては筋が良い』とか見え透いたお世辞にも舞い上がります。
こうした作戦が高校生や普段『作るのは奥さん僕は食べる人』と、のたまう世代には有効です。

世の奥さん!オトコはオダテを真に受けますゾ。
ためしてみたら?!(^^)

◎ エプロンの結び方もよくわからない自治会長が真剣に切っています。
普段の手際よく繊細な言動はどこへ?と思うほど豪快な切り方。
周りから『きしめん』とか『ドジョウ』と言われながらも最後まで切り終えました。

次はどのような珍芸が出てくるのか期待するのが見る人の楽しみ。
笑いながら冷やかしながらも約50人前のソバは予定時間通り出来上がりました。

◎ 集会所の中では今や遅しと待つ30名以上のお客様が、打ちたて・湯がきたての新ソバを待っています。
今回のトッピングは@山芋A辛味大根B小口ネギCきざみノリDカツオ節。
皆さんの『美味しい』の声を聞く度にこころの中でガッツポーズ。
お産を控えたお母さんもお代わり!で生まれてくる子どももきっとソバ好きになるはず。

『美味しかったけど少し硬かった』と注文がついたのは今後の反省材料。(^^;)

◎ スタッフを含めて45名の参加は嬉しい。
小さな女の子が『オイシイ』と、きれいに食べてくれたことが今日の出来栄えを象徴しています。
食材をいただいた『奥出雲の山県そば』さんに感謝です。
『年寄り扱いされるのが嫌い』で初めて参加した○○のおばさん、『遅れてきたけどソバツユが飲みたい』と言われた○○の奥さん、『久しぶりだから皆さんにご挨拶』をと杖をつきながら出てこられた○○のおじさん、みんな良い笑顔でした。
夫婦、仲良しの人と一緒、親子でとかが集まるこの会は14年目を迎え、75回目を数えたようです。

高齢者から幼児までが集まる、なごやかな会は他地区の模範だと自負しています。

 

 

平成26年10月27日(月) 奥大山の紅葉を楽しんできました!

◎ 第74回目の比津なごやか青春会となる今回は、毎年恒例のバス旅行です!
今回は例年以上に参加希望の方が多くて、大型バスも満員状態の43名で、とっても賑やかに奥大山の紅葉を目指して出かけました。(^^)

朝からあいにくの小雨の降る中、まずは最初の休憩地点の安来道の駅「あらエッサ」に到着です。

◎ トイレ休憩として立ち寄った道の駅でも、売られている野菜やくだものをたくさん買い込む方が大勢いらっしゃいました。
まだ旅は始まったばかりなのに、バスの荷物入れがいっぱいになりそうです(笑)。(^^;)

でも、こんな道の駅に売られている新鮮で安い野菜は、朝のうちに買っておかないとすぐに売切れてしまうそうなんです。

◎ 安来道の駅「あらエッサ」を出発して、高速道路に乗って1時間ほどで奥大山スキー場の「エバーランド奥大山」に到着しました。
ここで昼食をいただくことになっています。

本当は雄大な景色をバックに集合写真を撮りたかったのですが、まだ雨が降り続いていて寒いので、集合写真はうやむやに・・・。 (^^;)

◎ 結局、館内で集合写真を撮ることになりました。
スキー場の広いレストランも、今日は比津なごやか青春会ご一行様で貸切にしていただいたみたいです。(^^)

お料理の支度が整うまでの間に皆さん並んで「はい、チーズ!」(*^^*)v

◎ 本日のメニューは「奥大山御膳」です。
大山おこわ、大山そば、てんぷら、茶碗蒸しなどなど、とってもご馳走です。

普段は一日10食限定のメニューだそうですが、今日は特別に全員の
分を用意していただくことが出来ました。(^^)

◎ さて、少し早めの昼食タイムですが、みなさん楽しくおしゃべりしながらお料理をいただきました。
毎年恒例ですが、お酒を注文される方もたくさんいらっしゃいましたよ。

ホントはお座敷で宴会みたいに出来たらよかったんですけどね。。。

◎ 食事が終わったあとは、エバーランド奥大山の隣にある「奥大山高原の駅 しろうさ・くろうさ」でまたまた買い物です。
奥大山ならではの珍しい野菜などがたくさんあったので、ここでも皆さんいっぱい買い込んでいらっしゃいました。

お店の商品が無くなってしまうんじゃないかな・・・と、心配になってしまうぐらいの勢いで。。。(^^;)

◎ 奥大山スキー場を後にして、次の目的地「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」へ。

ここで1時間ほど工場見学です。
サントリーの自然保護に対する取り組みなどを綺麗なお姉さんがたっぷりと教えてくださいました。(*^^*)
◎ これはサントリー天然水工場にある雪室(ゆきむろ)です。
昨年の雪をこうして保存して、冷気を冷房や冷却などに利用しているそうです。

ちなみに、天然水工場内は撮影禁止となっていて、この雪室だけが撮影許可とのこと。

でも、あと1ヶ月もすればここ大山も新しい雪が降ってくるんですよね。

◎ 天然水工場見学の次は、「大山で一番景色が良い」といわれている「鍵掛峠」へ向かいました。
この頃にやっと晴れ間が見えてきて、紅葉した雄大な景色を楽しむことが出来ました。

若干、雲に隠れて大山の頂は見えませんでしたが、それでも皆さん「わ〜、きれい〜」と、感嘆の声。(^^)/

◎ 鍵掛峠を後にして、バスの車窓から紅葉を楽しみながら大山環状道路を走り抜けます。
紅葉した木々のトンネルを抜けていく感じが、とってもきれいで感動でした。(^^)

◎ さて、最後に米子の「お菓子の壽城」に立ち寄ります。
予定よりも若干押していたので、15分間ぐらいしか買い物の時間が取れないはずでしたが、中に入ってあれこれ試食したり、お土産を買っているうちに、あっという間に予定時間を過ぎてしまって、結局30分ぐらいここに滞在となりました(苦笑)。

でも、米子方面に来たら、やっぱりここは外せませんよね。(^^;)

◎ 帰りは米子から高速道路でビューンと比津町へ。
そして、ほぼ予定通りの時刻に無事到着です。

松江に帰ってくる頃になって、やっと青空が広がってきました。
参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。
とっても賑やかで楽しかったですね!(*^^*)


次回の比津なごやか青春会は、年末恒例の「そば打ちの会」となる予定です。
また皆さんと一緒に楽しくすごしましょうね
〜!(^^)/

 

 

平成26年9月29日(月) 認知症の正しい理解と予防法

◎ さて、今回73回目となる比津なごやか青春会は、「認知症の正しい理解と予防法」と題して、松江市社会福祉協議会から講演に来ていただきました。
今回のお話に興味を持っていただけたのか、いつも以上に参加者の方が多い雰囲気。
今回も賑やかに開催です!(^^)/

◎ 講師の先生がこのHPから「昔のなごやか会の写真」を印刷して持ってきてくださったので、まずはそれを見ながら当時の事を思い出しながらおしゃべりを楽しんでもらいました。
こんな風に、昔の出来事を思い出しながらおしゃべりする事は、認知症の予防と言う観点からもとっても良い事なんだそうです。
ほんのちょっとの予定だったのが、盛り上がりすぎてなかなかお話が尽きない感じになりました・・・ (^^;)

◎ さて、その後は認知症に関する知識を深めるためのお話をサラッとしていただいて、簡単に実践できる「予防法」のコーナーです。
最初は「1、2、3〜の、4の2の5〜♪」という歌にあわせて指の体操から。
簡単そうだけどスピードが速くなってくると意外と難しいですね。。。

あとは、座ったまま踵をつけてつま先だけを上げたり、逆に、つま先を床につけたまま踵だけを上げる体操も教えてもらいました。転倒予防になるそうです。(^^)v

◎ その次は、「もしもしかめよ」の歌にあわせて、こぶしを上・中・下・横に突き出す体操です。
簡単な体操ですが、皆さん笑顔になって大笑いしながらやっていただけました。

足腰を鍛えるためにはときどき椅子から腰を浮かせた「中腰」の姿勢になると良いというのも教えてもらいました。
洋式トイレの方ならば、トイレの中でこっそりやるのもオススメだとか・・・。

◎ さてその次は、「あんたがたどこさ」の歌にあわせて、みんなでつないだ手を「さ」のところで一斉に上に上げるというゲームです。
各テーブルごとにやっていただきましたが、チームワークが良くないと意外と上手くいかなかったりして、これも大笑いしながら楽しんでもらいました。(*^^*)

◎ さらに、二人一組になって、歌にあわせて「お手玉」を交換するゲームです。
最初は歌のタイミングにあわせて一個のお手玉を手渡すだけでしたが、 後半は二個のお手玉をそれぞれ同時にポンと投げて交換するという高度な遊び。
楽しくて皆さん何度もやっておられました。

こんな風に、しゃべって、歌って、体を動かして、大笑いする・・・というのが、認知症予防にとっても効果があると言う事なんですよね! (^o^)

◎ 1時間ちょっとの楽しい講習が終わった後は、みんなでちょっと素敵なティータイム。
紅茶かコーヒーを選んでもらって、高級洋菓子と一緒にいただきました。
紅茶やコーヒーに含まれているポリフェノールが、認知症予防に効果があるんだそうです。
赤ワインなどもいいそうなので、男性陣はそっちが良かったかも?!

◎ 最後に自治会長さんが、今年度からスタートした「サロンなごみ」の案内をしてくださいました。
この比津なごやか青春会とは別に、毎月第一土曜日にこの比津町集会所に集まって、気軽におしゃべりを楽しむ企画です。
そちらのほうにも町内の高齢者の皆さんがどんどん参加してくれるといいですね。(*^^*)
◎ 今回の講習の資料と、受講した証のオレンジリングを全員にいただきました。
この日以来、私も毎日これを腕にはめてお仕事させていただいてます。(^^)v

恒例の記念撮影をパシャ!
今回もこんなにたくさん参加していただけて嬉しかったです。
皆さんお疲れ様でした。

次回は10月27日(月)に松江市の福祉バスをお借りして、奥大山のサントリー天然水工場見学と紅葉を楽しむツアーに出かける予定です。(^^)/

 

平成26年8月4日(月) 子供達と一緒に七夕会

◎ さて、72回目の比津なごやか青春会は毎年恒例の七夕会です。

この日は朝から雨が降ったり、かなり蒸し暑かったりと、条件があまりよくありませんでしたが、早朝のラジオ体操で子供達にも「お菓子とスイカがたくさん食べられるよ!」と声をかけておいたので(笑)、今年もみんなで楽しく七夕飾りを作りたいと思います。(^^)

◎ やはり天候があまり良くなかったためか、高齢者の皆さんはいつも以上にかなり少なめの参加でした。。。(^^;)
でも、子供達も徐々に集まってきて、みんなでワイワイと楽しく七夕飾り作りがスタートです!

さて、皆さんの今年の願い事は何かな?(*^^*)

◎ 高齢者の皆さんは、やはり「こより」作りが一番の腕の見せ所。

「昔は職場の書類を綴じるのに、若手社員がこよりを作らされたもんだわ・・・」と、懐かしいお話を聞きながら、見事な手さばきでクルクルとしっかりしたこよりがどんどん出来てきます!
若いもんがまねして作ってみても、なんだかヘロヘロなこよりしか出来ません。。。 (^^;)

◎ そうこうしているうちに、用意した二本の笹にどんどん願い事の短冊や、折り紙で作ったステキな飾りが吊るされて、今年も賑やかな七夕飾りが出来上がりました!(^^)v

◎ 金ピカの短冊に「病気をしないで長生きをしよう」という願い事。
これが何より一番大事かもしれませんね。(^^)

他にも「頭が良くなりますように」とか「宝くじが当たりますように」とか「夏休みの宿題が早く終わりますように」なんて願い事もありました(笑)。

◎ 朝降っていた雨も上がったようなので、出来上がった七夕飾りを集会所の前に飾って、みんなでスイカをいただきました。

今回は人数が少なめだったので、大人も子供もみんなおなかいっぱい食べました。
今年のスイカも甘くてとっても美味しかったです! (^o^)/

◎ 最後に恒例の記念写真をパチリ!

参加人数はチョッピリ少な目でしたが、子供からお年寄りまで一緒になって楽しいひと時を過ごすことが出来ました。(*^^*)v


8月16日(土)にはこの集会所の広場で「比津町夏まつり」が盛大に開催されます。
楽しみですね!(^^)

 

 

平成26年5月19日(月) お茶とお菓子でよもやま話


◎ さて、平成26年度最初の比津なごやか青春会です!

今年度はいつもお世話になっている福祉推進員の皆さんに若干交代があったので、あらためて皆さんにご紹介です。
これからもいろいろとお世話になります。(*^^*)

◎ 年度始めということで、新しい自治会長さんにもご挨拶をお願いいたしました。

会長さん自らカメラを片手に、「今日のなごやか会の様子も自治会だよりに載せておきますからね〜♪」とはりきっておられました。
とってもマメな方のようですね。 (^^)v

◎ 今日のお楽しみは、チョッピリ高級な紅茶(アールグレイ)と上田橋月堂のワッフルです!

「このワッフル大好きなのよね〜♪」という声もあちらこちらから聞こえてきました。
「紅茶は最初はお砂糖やミルクは入れないで飲んでみてくださいね〜」と、福祉推進員さんのアドバイスも。
「上等な紅茶はそのまんまでも美味しいわ〜」(^o
^)

◎ みなさん美味しい紅茶とワッフルを楽しみながら、思い思いにおしゃべりを楽しみます。
実はこの「よもやま話タイム」が一番盛り上がるようですね。
皆さんおしゃべりが尽きることがありません。(^^)

◎ ここでちょっと福祉推進員さんから、普段の食事に関するアドバイスを・・・。
以前も何度か保健士さんに指導していただいたことがある「かぞえ歌」も皆さんと一緒に歌いました。

  ♪魚いち、肉いち、卵いち
   牛乳ひとつに、豆ひとつ
   野菜は5皿でご飯食べ
   おやつはくだもの数え歌♪

◎ 今日はお天気も良いので、後半は気分を変えて、集会所の外のテーブルで引き続きお茶を飲みながらおしゃべりをしたり、ギターの伴奏にあわせて歌を楽しんだりしました。

歌本を見ながら「私、この『松江夜曲』が大好きなのよ〜」とか、リクエストもあったりして、懐かしい歌をたくさん歌いました♪

◎ 最後に恒例の記念写真をパシャリ!

昨年からこの時期の比津集会所の庭に出現した『鯉のぼり』も、今年は数が増えてとっても賑やかです。
今日は風もあまり吹いていないので、干物みたいになってますが・・・(笑)。(^^;)

次回は7月頃に子供会のみんなと七夕会を楽しむ予定です!

 

 

 

平成25年度の比津なごやか青春会の活動はこちら  

平成24年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

平成23年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

平成22年度までの比津なごやか青春会の活動はこちら

 

比津なごやか青春会とは?


 私たちの町「比津町」の自治会としての取り組みの中に「なごやか寄り合い事業」 があります。
これは、高齢者の介護予防のために松江市が推進している自治会単位の福祉事業の一環で、比津町も平成13年度から積極的に取り組んでいます。

 自治会が主体にはなっていますが、実際には「サポーター」と呼ばれる町内のボランティアの方々のご協力によりそのほとんどが企画・運営され、現在比津町では2ヶ月に1回の開催ペースで、主に比津なごみの郷にある「比津町集会所」を利用して毎回楽しい企画で盛り上がっています。
若い人たち(サポーター)が高齢者の皆さんに「何かしてあげる」という形ではなく、一緒になって楽しいひと時を創り出すという方向を目指していろいろと試行錯誤しています。

 

 

松江市のHPでも比津町の取り組みが紹介されています!

 







《トップページへ戻る》

Copyright (C) 2007 比津 なごみの郷 実行委員会 All Rights Reserved.