比津なごやか青春会  



平成22年度までの比津なごやか青春会の活動はこちら

平成23年度の比津なごやか青春会の活動はこちら 

平成24年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

平成26年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

 

 

平成26年3月8日(土) 70回目のなごやかは「春のつどい」


◎ 平成13年に立ち上がった「比津なごやか青春会」も今回でなんと第70回目を数えることになりました!

  今回は年度末恒例の「春のつどい」ということで、福祉推進員さんたちを中心としたボランティアの皆さんが腕を振るって、おいしい昼食会がメインのなごやか青春会です。

  開始時刻になって、次々と皆さんが比津集会所におでかけになってきます。
「今日はどげなごっつぉがでーかいな?」と皆さん楽しみ。(^^)

◎ 部屋の照明がちょっと暗い感じなのは、昔話のアニメのビデオ上映をしているからなのです。
プロジェクターで正面の大きなスクリーンに映して観ていただいていますが、皆さんビデオよりも四方山話に花が咲いているようですね。

◎昔話の ビデオに懐かしく見入っている方もいらっしゃいますが、男性陣もやっぱりお話のほうが盛り上がっているご様子です。(^^)

  皆さんがこうしてくつろいでいる一方で、早朝から法吉公民館の調理室のほうでは、福祉推進員の皆さんを中心とするボランティアの方々が今日の昼食のご馳走を準備している真っ最中です。

◎ さて、お料理の準備はほぼ出来上がったようで、福祉推進員さんたちが比津集会所に帰ってこられました。

  お昼ごはんにはまだ少し早いので、ここで演芸タイム!
IさんとMさんのお二人が「銭太鼓」を披露してくださいました。

◎ お二人の見事な手さばきに、高齢者の皆さんも拍手喝采です!(*^^*)
◎ さあ、いよいよお待ちかねの昼食タイムです。

今日のメニューはカレーライス、高菜ピラフ、温野菜サラダ、漬物、フルーツなどなど。
バイキング形式なので、皆さん好きなだけ食べていただけます。

今回ボランティアとして初参加してくれた若い男の子T君は料理が得意という事で、高菜ピラフを作ってくれたそうです。(^^)
◎ 「美味しいわ〜」と、皆さん喜んで食べてくださいました。
「まかったけん、もうちょんぼもらーかな・・・」なんて、気に入ったメニューをおかわりされる方もちらほら。
特に一人暮らしの高齢者の方などは、普段なかなかカレーを作ったりされないそうなので、とっても喜んでいただけたようです。
◎ 最後に恒例の記念撮影です。
3月になったとはいえ、ここ数日また寒い日が続いて雪が降ったりもしていましたが、お天気もよかったせいか、こんなにたくさんお出かけになっていただくことができました。

  次回は4月の末か5月ごろにまた71回目として開催予定です。
これからも100回目指してますます盛り上がっていく比津なごやか青春会でした!(*^^*)v

 

 

平成25年11月30日(土) 打ちたてのそばの味に舌鼓

◎ 小春日和のような天気も今日のイベントを後押ししてくれました。
テントに落ち葉受け用のシートを被せ、約10人のソバ打ち名人が作業開始。
お父さんに連れられた4年生もやる気満々で初挑戦。
要所でコツを教えてもらいながら無心でコネました。
上手にまとまらないないのは借り物の鍋のせいとボヤくのは横丁のジイさん。
他人がやると簡単そうに見えても奥が深いこの作業微妙な水加減は『口』でなく『場数』と分ったのは終わり頃でした。

◎ 本日の主役の登場時間は10時。
比津町では年齢・性別の垣根を取り除き、皆で楽しむのがイベントの基本スタンス。
自分で作ったソバの味は格別らしく幼稚園児も1人前をペロリ。
『ボクまだ食べるか』にコックリ。
結局2杯半も食べお腹はポンポコリン。
アツアツの舞茸の天麩羅やトロロ芋もすぐに売り切れ。
食べれなかった人ゴメン本当に美味かった。
今日のソバ・ツユは奥出雲町の『山県そば』さんからいただいた特上品で誰もが大満足でした。

◎ 美味しいソバを頂いた後は『自慢のお歌』の時間。
自分の好きな歌・懐かしい歌や夏踊りの『松江夜曲』も聞かされました。
60年前に流行った『松江夜曲』も息の長い歌ですがその頃の皆さんは『娘ざかり』。
良い思い出もたくさんあることから歌声も弾んでいました。
節回しがやたら難しく、どこが始まりやら終わりやらが分からない今時の歌に比べ、昔はよかったと思えるのは○○のせい・・・?

◎ 今回は2人のお客様を迎えての記念写真。
子ども達は写真よりも広場で『ダルマさんが転んだ』遊び。(65歳も懐かしい)
民生児童委員の任期更新日が12月1日との事。
今日で退任されるお方の挨拶もありました。
ますます複雑になる社会の中で、長い間苦労様でした。(パチパチパチ!)
平成13年に始めたこの会も今回で69回目。
第1回目も『ソバ打ち』で盛り上げましたが、振り返ると今でも冷や汗が出るようです。
今は腕を上げました。
『今までになく美味しかった』の声を耳にし、恒例の12月29日の『高齢者の皆様等に年越しソバをお届けする』イベントも張り切って行います。

(追伸)
12月29日は子ども達が『メッセージ付きのおソバ』を持ってきますので『お菓子』を準備して・・・ネ。

 

 

平成25年10月28日(月) 毎年恒例!秋のバス旅行

◎ さて、第68回目の比津なごやか青春会は、毎年恒例の秋のバス旅行「亀嵩温泉玉峰山荘と鬼の舌震いツアー」と題して開催しました。

  松江市の福祉バス(大型車)をお借りして、朝9時に比津なごみの郷を出発しました。
今回の参加者は総勢27名。
この日は他の行事と重なっていたりして、例年よりも若干少なめの人数でしたが、天気は最高!
きっと素敵な遠足になりそうです。(*^^*)/

◎ 奥出雲にゆかりの深い町内のF先生が「良かったらわしがガイドしてあげようか?」と、自らガイド役を買って出てくださいました。
 この日のためにわざわざ自作のガイドブックも作ってくださって、要所要所で詳しく説明してくれました。
お陰で長いバスの道中も、景色を楽しみながらいろんなことを勉強できました。感謝!

◎ 最初に道の駅「さくらの里きすき」でトイレ休憩をして、次は「おろちループ」に向かいます。
 その途中、バスの運転手さんの粋なはからいで、尾原ダムの堤防の上を通って車中から景色を楽しむことができました。
このダムは漕艇場としても利用されているので、ボート競技のレーンが良く見えました。

◎ ほぼ予定通り「おろちループ」に到着しました。

  旅行の楽しみのひとつはやはりお買い物。
道の駅の売店で「旦那や孫達にお土産買わなくちゃ!」と、皆さんお買い物に夢中です。

  とっても景色が良かったので、ここで集合写真を撮影しました。(^^)v

◎ さて、いよいよ亀嵩温泉玉峰山荘に到着です!
ここで昼食と温泉を楽しむために2時間ほど滞在します。

  皆さんすでにこの玉峰山荘には「もう何回も来たことがあるのよ〜」といいながらも、「ここのお湯はとってもいいのよね〜」と、今回も楽しみに参加してくださいました。
何回来ても「良いところはやっぱり良い」って感じなんでしょうね。(^^)

◎ 今回は「比津なごやか青春会御一行様」として部屋を用意していただきました。
まるで結婚式の披露宴会場のような雰囲気の丸テーブルにご馳走が用意されていました。
眺めの良いお部屋を貸しきって豪華な昼食タイムです。

◎ この日のメニューはこんな感じ。
お鍋にお刺身、煮しめ、茶碗蒸し、デザートなどなど、おいしいお料理に温泉入浴券が付いて1,800円。
お酒を飲みたい方は各自で注文してもらいましたが、皆さんどんどん注文して大宴会の始まり始まり・・・(^^;)
◎ 「わしは風呂は入らんでもいいけん!」といって、引き続き大宴会をしている男性も何人かおられましたが(笑)、せっかくここ玉峰山荘に来たからには温泉も楽しんでおかなければなりませんよね。

  というわけで、食事を早々に切り上げてゆったりと温泉を楽しむ方、ひたすらお酒を楽しむ方、景色を楽しみながら辺りを散策される方などなど、楽しみ方は人それぞれ。
出発までの時間を有効に使って、思い思いに楽しんでおられました。 (*^^*)

◎ さて、玉峰山荘を後にして、お次の目的地は天下の奇勝「鬼の舌震い」です。

  「ここに来るのはもう何十年ぶりだわ〜」と言われる方も何人かおられましたが、つい先日、新しいつり橋が完成したり、バリアフリー遊歩道が整備されたりして、高齢者の方でも、車椅子の方でも、快適に散策できるようになっていました。
ただし、時間の都合で40分しか滞在できません。。。
下高尾駐車場から清心亭までの1.2kmの往復がやっとだったのが残念です。(_ _;)

◎ それでも20分ほど遊歩道を歩いていくと、こんな奇岩がゴロゴロと現れます。
大きな岩には「鬼の洗濯石」「千畳敷」「舟岩剣岩」などなど、それぞれ面白い名前が付いていたりします。
どこにカメラを向けてシャッターを切っても、素敵な風景が写るパワースポットです。(^^)v
◎ 鬼の舌震を出発して、いよいよ松江に向けて帰ります。
行きにも立ち寄った「さくらの里きすき」でトイレ休憩&最後のお買い物。

  朝ここで大根を買った奥さんが「やっぱり夕方にはもうなくなってたから、朝のうちに買っといて正解だったわ!」と喜んでいると、「松江には大根売っちょらんかや〜」とからかうおじさん(笑)。
でもやっぱりスーパーよりもこういう所で買う地元の野菜は安くておいしいんですよね!
◎ 今回もお天気に恵まれて、なごやかでとっても楽しい旅行となりました。
参加人数は例年よりも若干少なめでしたが、今回初参加の方も何人かいらっしゃったりして、また町内の輪がどんどん広がっていく感じがしました。
参加された皆さん、本当にお疲れ様でした。m(_ _)m

  次回の比津なごやか青春会は11月30日(土)に毎年恒例の「そば打ちの会」を開催します!
お楽しみに!(^o^)/

 

平成25年10月7日(月) 秋を楽しむ敬老会

◎ さて、第67回目の比津なごやか青春会は、「秋を楽しむ敬老会」と題して開催しました。
法吉公民館の調理室を借りて、早朝から福祉推進員を中心とするサポーターの皆さんがご馳走の準備中。
今回は町内でこの秋に収穫されたばかりのお米と豆を提供していただいたのでそれを使っておいしい「お赤飯」を作っていただきます。(*^^*)

◎ 毎年この時期のなごやか青春会は「お月見会」として開催していることもあって、今回も町内のHさん手作りのお月様が登場。
本当の中秋の名月からは 2週間以上経ってしまいましたが、比津町はこの名月さえあればいつでもお月見が楽しめます。

◎ いつもなら10時前からぞろぞろとお見えになるはずの高齢者の皆さんが、今回は予定時間になってもなんだか少し少ない感じ。。。
聞いてみれば、グラウンドゴルフの大会やいろいろな行事と重なってしまって、皆さんほかへお出かけの様子だとか・・・。
まあ、秋は気候もいい時期なので、行事が重なってしまうのも仕方ないところでしょうね。(^^;)

◎ さて、早朝からサポーターの皆さんが準備してくださったご馳走をいただきます。
お赤飯は、歯応えがあまり硬くならないようにもち米と普通のお米をブレンドしてあるそうです。
かまぼこの紅白と、緑の漬物の色合いがとっても素敵です。

◎ ではサポーターの皆さんも一緒に「いただきます!」
今回は参加人数も少なかったので、「おかわり自由の食べ放題ですよ〜」の声に大笑い。
皆さんに「おいしいね〜」と、喜んでいただけました。

後半は、笛にあわせてテーブルを太鼓代わりに叩いて鼕行列の真似事をしてもらったり、秋らしい歌を歌って楽しみました。
「紅葉」の輪唱もばっちり決まって、合唱団ができそうなぐらいです。(^^)/

◎ 最後に恒例の記念写真をパチリ。
参加人数は少なめでしたが、秋を楽しむ敬老会は和やかに盛り上がりました。

  さて、実は今月は
28日に「なごやか青春会バス旅行」の企画もあるのです。
今年は「亀嵩温泉玉峰山荘」と「鬼の舌震い」に行く予定です。
きっとまた楽しい旅行になりますよ!(*^^*)

 

 

平成25年7月29日(月) 子供たちと一緒に七夕会

◎さて、第66回目となる今回の比津なごやか青春会は、この時期毎年恒例の『七夕会』です。

  夏休みに入った小学生の朝のラジオ体操の時に「今日、七夕会やるよ〜!お菓子とスイカがいっぱい用意してあるよ〜!」と呼びかけたら、男子も女子もいっぱい来てくれました(笑)。(^^;)

◎短冊に願い事を書いたり、折り紙をはさみとのりを駆使して工作したり、コヨリをたくさん撚ってくださったり・・・と、皆さんそれぞれ楽しみながら七夕飾りを作ってくださいました。

  皆さんの今年の願い事は何でしょうか?

◎お茶とお菓子とおしゃべりを楽しみながら、素敵な七夕飾りがどんどんできてきます。

  4つのテーブルに分かれて作業していただいたのですが、黙々と作業するグループもあれば、お菓子だけがどんどん無くなっていくグループもあったりして・・・隣のテーブルから余ってるお菓子を拝借する場面も。。。?!(^^;)

◎今朝比津なごみの郷から切ってきたばかりの二本の笹を部屋の正面に配置して、出来上がった七夕飾りをどんどん結びつけていきます。

  今回も、小学生男子が折り紙の手裏剣をたくさん作ってくれたり、素敵な紙風船やメッチャ長いチェーンなどなど、手の込んだ七夕飾りがいっぱいできました!(*^^*)/

◎朝はけっこう雨が降っていましたが、このなごやか青春会開催と同時にすっかり上がり、お日様も顔を出し始めたので、集会所の外でお楽しみのスイカをいただくことにしました。

 
よく冷えたおっきなスイカが二つ。
 さて、 甘いかな?

◎みんなで作った七夕飾りも外に飾って、「今年もいいのができたね〜」なんて言いながら、あま〜いスイカをたくさんいただきました。

  もしかしたら、来年このあたりはスイカ畑になっているかも知れませんね・・・(謎)。(*^^*)
◎今回は例年よりも小学生がたくさん参加してくれたので、とってもにぎやかで楽しい七夕会となりました。

  いよいよ8月10日には「比津町夏祭り」が開催されます!
今回作った七夕飾りも、会場のどこかに飾ってもらおうかな?

  次回のなごやか青春会は9月の予定です。(^^)

 

 

平成25年5月6日(月) グラウンドゴルフ体験と落花生

◎平成25年度最初のなごやか青春会は通算65回目となりました。
GW最終日のこの日はとってもお天気が良くて、やっと暖かくなってきたので、今回初めての試みの「グラウンドゴルフ体験」が実現しました!
まずは比津
なごみの郷自慢ののオープンカフェ(?)でお茶を飲みながら四方山話に花が咲きます。(^-^)

◎今回は、比津なごみの郷で週に2回グラウンドゴルフの練習をしている皆さんにご協力いただいて、グラウンドゴルフ体験をさせてもらいます。
まずは簡単なグラウンドゴルフの説明をしていただきました。
「これがスティックというもので、このへんにいつも球が当たって跡がついているのが上手な証拠なんですよ〜!」

◎茶飲み話が一段落したところで、いよいよ実践に移ります。
まったく初めての方や、少しは経験がある方、ゲートボール暦は長いけどグラウンドゴルフは始めての方などなど、サポーターも高齢者の皆さんも一緒になっていざスタート!

ちなみに今回は山陰中央新報から取材が来ていました。
なごやか青春会が新聞の記事になるのかな?! (^o^)

◎「私はゲートボールはずっとやってるけど、グラウンドゴルフは始めてだわ・・・」というこの方はあの森光子さんと同い年だそうです。
足腰が衰えないように、毎日スクワットで鍛えているとのこと。
やっぱりゲートボールでならしておられるので、
とってもお上手でした。(*^^*)

◎「私はグラウンドゴルフは遠慮しとくわ・・・」という皆さんには、なごみの郷の畑で落花生の種植え作業を手伝っていただきました。
昨年暮れのなごやか青春会で食べた「茹でピーナッツ」がとってもおいしかったと評判なので、今回は去年よりもたくさん植えられたたようです。
秋の収穫が楽しみですね!(^^)/
◎さて、広場のほうではまだまだグラウンドゴルフで盛り上がっています。
少し疲れた方は集会所の縁側で皆さんのプレーを眺めながらおしゃべりを楽しんだり・・・と、それぞれのんびりと楽しい時間を過ごしていただきました。
◎グラウンドゴルフと畑の落花生植えも一段落したところで、もう一度ベンチに座って茶飲み話に花を咲かせました。
「なんと○○さんがホールインワンを出したよ!」なんて話でひとしきり盛り上がります。
結局、皆さんと一緒にこうしてお茶を囲んでおしゃべりする時間が一番楽しいのかもしれませんね。(*^^*)
◎最後に毎回恒例の記念写真です。
今回はグラウンドゴルフという企画のせいもあってか、いつもより参加人数も若干少なめでしたが、またまた楽しいひと時を過ごすことができました!

今年の比津なごみの郷には 「こいのぼり」が元気一杯泳いでいます。(^o^)/

 

平成26年度の比津なごやか青春会の活動はこちら 

平成24年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

平成23年度の比津なごやか青春会の活動はこちら

平成22年度までの比津なごやか青春会の活動はこちら

 

比津なごやか青春会とは?


 私たちの町「比津町」の自治会としての取り組みの中に「なごやか寄り合い事業」 があります。
これは、高齢者の介護予防のために松江市が推進している自治会単位の福祉事業の一環で、比津町も平成13年度から積極的に取り組んでいます。

 自治会が主体にはなっていますが、実際には「サポーター」と呼ばれる町内のボランティアの方々のご協力によりそのほとんどが企画・運営され、現在比津町では2ヶ月に1回の開催ペースで、主に比津なごみの郷にある「比津町集会所」を利用して毎回楽しい企画で盛り上がっています。
若い人たち(サポーター)が高齢者の皆さんに「何かしてあげる」という形ではなく、一緒になって楽しいひと時を創り出すという方向を目指していろいろと試行錯誤しています。

 

 

松江市のHPでも比津町の取り組みが紹介されています!

 







《トップページへ戻る》

Copyright (C) 2007 比津 なごみの郷 実行委員会 All Rights Reserved.